· 

読者から~追悼 エリック・カールさん~

当店をいつもご利用いただく、読者の中西香さんが、エリック・カールさんへの追悼文を届けてくださいました。

 5月27日木曜日、“色彩の魔術師”エリック・カールさんの訃報を目にした。目を疑うとはまさにこの瞬間。心臓がいつもより強く、速く打った。
 知らない人はいないのではないだろうか。代表作『はらぺこあおむし』。ポップアップ本が出て、「そう、そう!これ、これ!!なんで今までなかったの?!」と、感嘆したのは、もう12年も前になる。“魔術”に酔いしれる息子の瞳を、私は忘れない。
 我が家の息子たちが揃ってお気に入りなのは、『くもさん おへんじ どうしたの』。そもそも、「返事をしないくも」という設定が既におもしろい。テンポよく進む物語。伏線が回収される終盤。何度読んできただろう。何度読んでも、なぜか飽きないおもしろさ。
 『ことりがすきになった山』に出会った時は「こんな作品もあるんだ」と、正直驚いた。読み聞かせをするには、対象年齢は上がりそうだが、しっかりとした読み応えのある作品だ。みやがわ書店には、いつ行っても並んでいる。なぜなら、店主橋村さんのお気に入りの作品だからだ。きっと、この作品の魅力を余すことなく語ってくれるだろう。カールさんとの思い出と共に。
 遺作となった『ありえない!』は、ほんの1ヶ月前に手にしたばかり。このコロナ禍で、“ありえない”事の連続の日々に辟易する中、「ありえない事なんて、この世にはないんだよ!どんな世の中であっても楽しみを見つけて楽しんで!」とささやくカールさんの声が聞こえる。
 私をはじめ、世界中の人たちが、あなたから沢山の宝物をいただきました。心からの感謝と共に、ご冥福をお祈りいたします。
(読者:中西 香)