お薦めの本

6月の大人コース
お薦めの本 · 2021/06/01
表紙から、なるほど!「かんじるえ」なのだ!とわかります。 絵のすべての色が「漢字」で表現 されています。 空の景色は「空」の字がいっぱい…      がいっぱい

6月の新刊紙芝居
お薦めの本 · 2021/06/01
アマガエルのあたるのお父ちゃんは雨の予報を外したことがありません。どうしてわかるのでしょう…

5月の大人コース
お薦めの本 · 2021/04/29
 東京国立博物館で「国宝 鳥獣戯画」絵巻全巻を公開中。有名なウサギやカエルだけでなく、人間や海外の動物、想像の動物も描いた場面があり、全貌が見られるのは珍しいそうです。  さて、この絵本は、文字のない絵巻に…

5月の新刊紙芝居
お薦めの本 · 2021/04/29
子どものぞうさんは、大きくなったら立派なきばを持つお父さんになりました。ボールが…

4月の大人コース
お薦めの本 · 2021/03/30
好きなこと、好きなもの について考えていると楽しくなってきます。この本は空いているページに自由に書いて仕上げる本です。絵でも言葉でも写真でも!左からは子ども向き、右からは大人向き。子どもの「今」と…

4月のお薦め紙芝居
お薦めの本 · 2021/03/30
二人で散歩に出掛けたら、一本橋がありました。おとうふさんがブルブルルペタリと…

3月の大人コース
お薦めの本 · 2021/02/28
お味噌汁でおなじみのわかめ。 栄養たっぷりなのに、いまいち主役ではない。そんなわかめはどうやって生まれてきて、どんな環境で育って…

3月のお薦め紙芝居
お薦めの本 · 2021/02/28
たっぷりと春の光を感じる幻想的な紙芝居です。

2月の大人コース
お薦めの本 · 2021/01/31
たくさんの絵本を遺してくれた安野さん 私が小学1年生の時、学校の図書室で出会った「ふしぎなえ」。美しい絵なのに、どうなっているのか、階段を上る小人を追っていくうちに、なんとなくねじれていく説明のつかない感覚。文字がないので、“読書”と言えるのかな?と後ろめたく思いながらも、どうしてもまた読みたくて、何度も借りた本でした…

2月のお薦め紙芝居
お薦めの本 · 2021/01/31
赤ちゃん紙芝居。 ねこちゃんも、いぬさんも元気におへんじしているよ…

さらに表示する