みやがわ書店あれこれ

4月23日は子ども読書デー
 2001年4月23日、文部科学省より、「この日を子ども読書の日と制定する」と発表されました。(偶然にもこの日は私、橋村の誕生日!)この年以来、4月23日は…

おやすみ前の読書タイム
いつもお店に来店頂く玉城町のりつ君と明和町のエイト君について、それぞれのお母さんからのお話をうかがいました。

松本春野さんオンラインお話会から
「絵本『Lifeライフ』は原画で入稿したのではなく、パソコンに取り込んで、絵を描き足したり、色彩調整をしています。絵本と是非見比べてほしいのです」と春野さんは話されました。特に、雪のシーンは原画には…

 絵本作家さいとうしのぶさんが、当店のために描いてくださった「へんば餅」イラストカードに端を発して、へんばや商店さんとの素敵なコラボレーションに発展…

9月26日(土)、皇學館大学の学生テレビ局のみなさんが取材に来店されました。学生テレビ局は…

 39年前に「親子で楽しむ読書会」として発足した「たんぽぽ読書会」。子育て中の会員が、絵本を通して学び、考え、ボランティア活動によって「絵本のたのしみ」を広めてきました。長い年月の間に、たくさんの会員が入れ替わりながら今に続いています。その初期会員の岩本さんからのメッセージ…

居間の本棚に飾ってある思い出深い一冊。 『ふたり』(作・絵 瀬川康男 ・ 冨山房) にやり、きらり、ばさり、にたり…シンプル過ぎる言葉だけでお話が進みます。それが新鮮で、そして瀬川さんの版画絵が素敵で、1992年に買った本です。...

 私たちの学童では、宿題の後とおやつの後、ソファで囲った読書コーナーで本読みをします。みやがわ書店で選んだ絵本は、低学年の子達に大人気。「バムとケロのそらのたび」はページが外れて何度も修理しました。

エイト君の本選び 5歳の“エイト君”は2歳の頃からママと毎月ご来店。当初は店にあるおもちゃ等で満足するまで遊んでいました。...

 お店に来てくださる、たくさんの素敵なおやこの中から、今月は2組ご紹介。 ○いちかちゃんとお父さん  とにかく絵本大好きないちかちゃんに、根気よく何冊も何冊も読んであげるお父さん。  いちかちゃんもお父さんに寄り添って聞いている姿が微笑ましいです。   ○さくとくんとお母さん...

さらに表示する