カテゴリ:大人コース



4月の大人コース
お薦めの本 · 2021/03/30
好きなこと、好きなもの について考えていると楽しくなってきます。この本は空いているページに自由に書いて仕上げる本です。絵でも言葉でも写真でも!左からは子ども向き、右からは大人向き。子どもの「今」と…

3月の大人コース
お薦めの本 · 2021/02/28
お味噌汁でおなじみのわかめ。 栄養たっぷりなのに、いまいち主役ではない。そんなわかめはどうやって生まれてきて、どんな環境で育って…

2月の大人コース
お薦めの本 · 2021/01/31
たくさんの絵本を遺してくれた安野さん 私が小学1年生の時、学校の図書室で出会った「ふしぎなえ」。美しい絵なのに、どうなっているのか、階段を上る小人を追っていくうちに、なんとなくねじれていく説明のつかない感覚。文字がないので、“読書”と言えるのかな?と後ろめたく思いながらも、どうしてもまた読みたくて、何度も借りた本でした…

1月の大人コース
お薦めの本 · 2020/12/29
コロナ禍で自由に旅行ができなくなってしまいました。そこで、本を眺めて旅気分はいかがでしょう。この本は不思議で幻想的な場所へと連れて行ってくれます。  ノーンハーン湖(タイ)のうっとりする景色…

お薦めの本 · 2020/11/30
 9才の息子を突然の事故で亡くした母、美谷島さんが語ります。  35年間の悲しみを受け止めてきてくれた「おすたかのもみの木」のことを。焼けただれた山に植えたもみの木…

お薦めの本 · 2020/10/30
モシェ・コテルは、作曲家。 まちかどで、黒と白の子ネコに であって、「ケツェル」となづけます。 ある日、60秒いないで曲をつくる、 というむずかしいしごとに とりくむモシェをはげまそうと…

お薦めの本 · 2020/09/30
 大人になった今、どのような立場でこの本を受け止めるでしょうか。子として、親として、夫、妻として、あるいは、生徒として、友として…

お薦めの本 · 2020/08/31
ゲイリー・クーパーとグレース・ケリー出演「真昼の決闘」という映画がありました。それで、この絵本も映画風なつくりです。  まず…枝の塊が動いているようです。そばには動物の骨とへび、不穏な予感…

お薦めの本 · 2020/08/01
 夏になると出会いたくなる絵本。…

お薦めの本 · 2020/07/01
『山はしっている』 作 リビー・ウォルデン 絵 リチャード・ジョーンズ 訳 横山和江 鈴木出版 1,650円(税込) 今月は絵をじっくり眺めてしまう一冊です。絵の中に光と空気が感じられます。

さらに表示する