巻頭コラム

おかげさまで創立65周年を迎えます
巻頭コラム · 2021/12/27
2022年 あけましておめでとうございます。 今年は、「みやがわ書店創立65周年」を迎えます。また、『えほんと童話の店」にリニューアルして25年になります。  創立当時は、大型店の名のつくスーパーも書店もなく、どの町にも「本屋さん」が存在して、地域文化の発展に大なり小なり役割を果たしていたと思います。しかし、世の中は大きく変化していき…

クリスマスの絵本
巻頭コラム · 2021/11/29
 我が家の本棚の一角にはクリスマスの絵本が何冊か詰まっています。娘たちが幼い頃に楽しんだ『まどからのおくりもの』、『クリスマスの三つのおくりもの』、クリスマスの意味を教えてくれる『クリスマスのものがたり』、そしてサンタさんのおはなしいろいろ…

憩いの場 みやがわ書店
巻頭コラム · 2021/10/30
ほんの少し前まで半袖だったのに今ではすっかり厚手の羽織が手放せなくなり、一年のはやさを実感してる毎日です。  皆様暖かいお茶をお供に読書の秋を楽しんでいらっしゃいますか?私はと言いますと、手元にありつつ25年を経てやっと読んだ本があります。が、その本のことはまた紹介できればと思います。  さて4月からこちらにお世話になり、店長やスタッフの皆さん、お客様に…

「読書」すること
巻頭コラム · 2021/09/30
 「読書の秋」です。秋を何に実感されますか?コロナ自粛だったり、長雨で稲刈り大丈夫かなと心配したり、それでもちゃんと、ひがんばなは咲きました。自然は人が思う以上にたくましいのでしょう。秋に何を思うか、人それぞれです。また、読書のありようも様々です。いつも、手元に本がないと…

センス・オブ・ワンダーを思い出し…
巻頭コラム · 2021/08/29
 窓から見える庭の木にセミの抜け殻が増えていった8月の初め。一度、羽化をこの目で見たいと思っていたのですが、中旬からの雨続きでセミの声がピタッと止んでしまいました…

戦争の記憶を次世代に
巻頭コラム · 2021/07/29
 戦後76年を迎える8月がやってきました。 今年の夏は、今、オリンピック一色ですが、閉会と同時に各放送局で「戦争と平和を考える」番組が企画されています。  孫世代が戦争を“自分ごと”としてとらえられない時代になり、あの戦争を体験してきた一人として、「これでいいのだろうか」…

世代を超えてつながる
巻頭コラム · 2021/06/29
エリック・カールさんの訃報に、いてもたってもいられない方々が当店に足を運んでくださっています。まず新聞記者さん。 1992年に来日した際、この店を訪れたカールさんとのつながりを取材し、記事にして…

追悼 エリック・カールさん
巻頭コラム · 2021/06/01
 5月23日、『はらぺこあおむし』作者エリック・カールさんが、91才でお亡くなりになりました。この絵は29年前、原画展のために来日したカールさんが、縁あって当店を訪れた時に描いてもらったものです。子どもたちと一緒にいろいろな動物を組み合わせて…

おねがい~絵本作家二見正直さんから
巻頭コラム · 2021/06/01
こんにちは。この1年あまりみやがわ書店さんに出入りさせていただいております、絵本作家 二見正直と申します。  濃密な月日をこの素敵なお店とご一緒して参りましたが、いま困ったことが一つあるのを打ち明けたいのです。実は書店に対する私の立ち位置について…

2世代にわたってお子様と共に
巻頭コラム · 2021/04/29
 春本番となった先日、双子の赤ちゃんをベビーカーにのせたママがご来店くださいました。そのママは、小さい頃からお母さんと一緒にお店に来てくださっていました。5才頃の彼女が絵本『こんとあき』の中に『ピーターラビット』のマクレガーおじさんを見つけ…

さらに表示する