巻頭コラム

巻頭コラム · 2020/10/30
 今、お店では音楽や美術に親しめるような絵本を集めて「アートな本」コーナーとしてあります。でも、実はどの絵本も「アート」なんですよね。どの作品にも…

巻頭コラム · 2020/09/30
 絵本『じゃあじゃあびりびり』は日本中の赤ちゃんが初めて出会う本、絵本のバイブルとして定番です。赤ちゃんは、絵から身近な物や音を想像し、小ぶりなボードブックを存分に触って楽しみます。紙芝居『おおきくおおきく おおきくなあれ』は、その場のみんなの声で「小さなもの」を大きくする参加型紙芝居。国内はもとより、世界55カ国で演じられています。  作家まついのりこさんは、…

巻頭コラム · 2020/08/31
「絵本と童話の店」にリニューアルして23年目になりますが、最近お客様から「何か店内が変わったね」と。そうなんです。本棚を低くしたり、本の並べ方、壁面のミニイベントコーナー、そして棚のあちこちに花や緑を飾っています。スタッフ井上が「植物への愛情」を、本の邪魔にならないように表現しているのです。…

巻頭コラム · 2020/08/01
 夏の企画「へいわのコーナー」と「みんなの100かいだてのいえをつくろう」やってます!  絵本には平和があふれています。だから読んでいて心地いい。でも、中には暗雲が立ちこめているページもあります。そこからどんな光を求め、どうやって抜け出していくのか、ハラハラ、ドキドキ…

巻頭コラム · 2020/07/01
 久しぶりに店内で原画展を開きました。作者の二見正直さんとは倍ほども年が離れております。それぞれのルートで絵本や紙芝居に携わってきたのに、話してみると不思議と共通の接点があり、今回のような素敵な繋がりを持つことができました。

巻頭コラム · 2020/07/01
 会期中、店主さんに両手両足でも数え切れない数、そう言われた。たしかに原画展スタートからして強運で、コロナ禍の自粛期間が仮に無かったとしたら、私の職場は繁忙期に突入。最低限の準備すらできず、企画はいつまでも企画のままだった。  禍を転じるかたちで原画展を開始。納品のためにお店を訪れるたび、すかっとするくらい「まさに今」でお客さんと出会う。それはたいてい、店主さんが私に引き合わせたかった方で、話はピンポン玉のようにはずむ。  23日には「おはなし会&サイン会」で地域の方と交流させていただいた。

巻頭コラム · 2020/06/01
 夢と希望に満ちあふれる新学期が、コロナウィルスの影響で思いもかけない状況になってしまいました。3密が叫ばれて2ヶ月が過ぎ、様々な取組がされてきましたが、収束の兆しは見えてくるのでしょうか。  5月も20日前後からやっと街に子どもたちの姿が見えてきました。休校中は当店に来てくださる子どもも少なくて、ほとんどが”おじいちゃん””おばあちゃん”。「孫に送ってあげようと思って ! 」と絵本を買いに来てくださいました。

巻頭コラム · 2020/04/29
 大阪から小俣に、定年退職を機に住まいを移して2年、ようやく地に足が着きました。ご縁があって、スタッフとしてみやがわ書店に通うことになりました。(いきさつはそのうちにおいおいと…)...

巻頭コラム · 2020/04/01
希望を胸に、わくわくしながら新学期を迎える4月。冬眠から地上へ現れた動物たちの声が聞こえてきそう、「なんだか地球上で不思議なウイルスが蔓延しているぞ!もう少し待とうか?」なんて。...